画面にヒビが入ったiPhoneは下取り出来るの?

どうも、フォネットです!

iPhoneの画面にヒビが入ると、

その後の対処に困りますよね。

特に

「そろそろ機種変しようかなー」と思っていた矢先に、

iPhoneがヒビ割れてしまった場合。

落としたiPhoneが下取りできないとなれば、

なおのことショックが大きくなります…。

ところで、こういった「画面にヒビが入ったiPhone」って、

下取り可能なのでしょうか?

この辺りについて、詳しく説明していきますね。

スポンサーリンク

画面にヒビが入ったiPhoneは下取り出来るの?

画面にヒビが入ったiPhoneは、下取りすることが出来ません。

なぜなら、下取りできない状態に該当するからです。

携帯各社のそれぞれの下取り条件は、以下の通り。

Docomoの場合

auの場合

SoftBankの場合

というわけで、どの会社も画面にヒビが入った状態だと、

iPhoneの下取りは出来ません。

スポンサーリンク

修理後に下取りに出すと良い理由

と、ここまでは残念な話なのですが、

ここからは少し、希望に満ちた話をしようかと(笑)

実は、iPhoneの画面を修理してから下取りに出すことは可能です。

特に画面だけの修理であれば、13,800円(税込)程度で可能ですし、

AppleCare+に加入していれば、

更に割安の7,800円(税込)で修理することも可能です。

詳しくは修理に関する記事を参照してください。

【参考】→iPhoneの画面にヒビが入った…修理代はいくらぐらい?

そして、修理してから下取りに出せば、

2万円以上で下取り出来るため、その方がお得な場合もあるわけですね。

各社iPhoneの下取り状況
ドコモのiPhone下取り状況
auのiPhone下取り状況
SoftBankのiPhone下取り状況

ただし、打ち所が悪い場合は、全体の修理となります。

その場合は、iPhone自体が交換になるので、

トントンになる可能性が高いです。

その場合は「新機種を安く買えた」と考えれば、

いくらか気持ちも落ち着きますが、気持ち次第なところですね。

スポンサーリンク

まとめ

というわけで、下取りに出す前には、

iPhoneを修理することを、個人的にはオススメしますよ。

iPhoneの画面にヒビが入ったまま使うと、

余計にiPhone内部が故障してしまい、修理費が高くなる可能性もあるので…。

関連記事はこちら!

この記事に関するコメント

  1. 匿名 より:

    Apple正規ショップ以外でガラス修理をしたiPhone6を下取りに出して
    iPhone7を買おうとしたら、iPhone6は下取りしてもらえませんでした。
    どうやら、iPhoneはApple正規ショップ以外での修理をすると
    改造扱い(製造番号が出ない)となりキャリアで下取りできなくなります。
    注意が必要です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。