iPhoneのバッテリー交換の目安は?「最大容量」を確認する方法

iPhoneのバッテリー

どうも、フォネットです!

iPhoneを長い間使用していると、バッテリーの減りが気になってくる時期が訪れます。

あまりに減りが早いと「そろそろバッテリー交換が必要かな?」と思うかもしれません。

今回は

  • iPhoneのバッテリー交換の目安について
  • iPhoneのバッテリー最大容量の確認方法
  • iPhoneの最大容量のパーセントで確認した場合の交換目安について

この3つについて、説明していきますね!

iPhoneのバッテリー交換の目安は?

iPhoneが公表しているバッテリーの寿命は、約3年です。

また、一般的にはiPhoneのバッテリーの寿命は「だいたい2年~3年程度」と言われています。

もちろん、その間どれだけバッテリーを消費したかによります。

人によってiPhoneの使用時間や方法が違うため、一概に言うことはできません。

バッテリーの消費は

  • iPhoneを使用して電池を減らす
  • iPhoneを充電して電池を回復する

上記を繰り返すことで、消費されていきます。

また、負荷の高い使用方法をしている場合は、その分バッテリーの寿命が短くなるため、思ったよりバッテリーの消耗が早くなってしまいます。

幸いなことに、iPhoneの場合はバッテリーの最大容量を確認する方法があります。

次に紹介する「iPhoneのバッテリーの最大容量の確認」を行うようにしましょう。

iPhoneのバッテリー「最大容量」を確認しよう

iPhoneの場合、正確にバッテリーの容量を確認するには「最大容量」を確認すると良いです。

その前に1つだけ、注意が必要なことがあります。

最大容量を確認する場合は「気温が16°C~22°Cの場所で確認する」ようにしましょう。

これは、iPhoneに内蔵されているバッテリー(リチウムイオン電池)の特性によるものです。

 

特に気温が低温の場合は、リチウムイオンの残量が一時的に減る現象が起きます。

これは、iPhoneを始めとしたスマートフォンのバッテリーの残量を、電圧で測っているためです。

低温下では、通常の気温時と比べてバッテリーの電圧が上がらないため、最大容量が減って見えてしまう現象が起きます。

ですので、適温の16℃~22℃の環境で確認することを、オススメしています。

iPhoneのバッテリー最大容量の確認方法

それでは早速、iPhoneの最大容量を確認してみましょう!

iPhoneのバッテリーの「最大容量」を確認するには・・・

iPhoneのホーム画面から「設定」をタップして、画面少し下にある「バッテリー」をタップします。

iPhoneのバッテリー最大容量の確認方法01

「バッテリーの状態」をタップします。

すると「最大容量」の項目が出てくるので、ここのパーセントを確認します。

iPhoneのバッテリー最大容量の確認方法02

iPhoneのバッテリー最大容量の確認方法まとめ
  • 「設定」をタップ
  • 「バッテリー」をタップ
  • 「バッテリーの状態」をタップ
  • 最大容量を確認

iPhoneのバッテリー交換。最大容量の目安となる“パーセント”は?

前の章で、iPhoneの最大容量を確認していきました。

iPhoneの最大容量を確認した場合、バッテリー交換が必要と判断するパーセントは、どのくらいなのでしょうか?

最大容量の目安ごとの一般的な見解と、僕自身の感じた体感とを合わせて説明していきますね😊

iPhoneのバッテリーの状態が90%前後

人によっては、購入した初期の頃と比べて「少しバッテリーの減りが早くなったかな?」と、体感があるパーセントだと思います。

僕自身の体感としては、あまり体感できませんでした😅

修理業者の方によると、このぐらいの最大容量の場合は「修理ついでにバッテリー交換をする場合がほとんど」とのこと。

個人的には、そこまで気にしなくても良いかと思います。

iPhoneのバッテリーの状態が85%前後

バッテリーの様子が少し気になる状態です。

僕自身も、このぐらいになると体感としてバッテリーの容量が「少し減りやすいかな?」と感じました。

人によっては、このタイミングで交換をするパーセントだと思います。

iPhoneのバッテリーの状態が80%以下

一般的には、充電を500サイクル行うことで、バッテリーの交換時とされています。

Appleの公式では、フルで充電(100%)して空まで使用する(0%)を1サイクルとして、公式では500サイクルで最大容量が80%になるとされています。

iPhoneのバッテリーは、フル充電サイクルを500回繰り返した時に、本来の容量の最大80パーセントを維持できるように設計されています。

出典:Apple公式

以上のことを踏まえると、バッテリーの最大容量が80%以下の場合は、充電サイクルを500サイクル行った後と同じと考えられますので「交換時」と言えます。

 

iPhoneのバッテリーの状態が80%を下回ると、明らかに減りが早く感じます。

修理業者の方に聞いてみると、一般的には「このパーセントだと、交換したほうが良い」と聞きました。

使えないことはないですが、80%を切ってくると電池のことを優先して考えてしまうため、不便に感じ始めるかもしれません。

個人的にもバッテリー交換をオススメする最大容量の値です。

まとめ

今回は、iPhoneのバッテリーの交換時期や、最大容量の確認方法、最大容量に対する交換の目安について、説明していきました。

バッテリーの交換に関して言えば、一般的な事になるため、一概には言えません。

しかし、バッテリーが減ってしまえば、以前と同じように使用することが困難になることがあります。

そのため、あなた自身が前と比べてバッテリーの減りが早く、不便に感じ始めた頃が、交換の目安と言えます。

どうしても交換が必要な場合は、Appleや修理業者に掛かることをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました