iPhoneが熱を発してる5つの原因とは?

どうも、フォネットです!

iPhoneを使用していると

「なんだか熱くて持ってられないな…」

と感じることって、ありませんか?

僕自身も、結構「熱すぎないかこれ…」と心配することがあって、

非常に不安になることがあります。

ところで、

そういったiPhoneの発熱の原因って何なのでしょうか?

今回はiPhoneの発熱の原因について、

詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

iPhoneが熱を発してる5つの原因とは?

iPhoneが熱を発してる原因は、おおよそ5つ考えられます。

  1. 直射日光
  2. iPhoneカバー
  3. 室温の高いところで充電
  4. iPhoneを充電しながらゲームを遊び続ける
  5. プログラムのエラー

では、それぞれ説明していきます。

1.直射日光

まず、iPhoneが直射日光を浴びてしまい、

iPhone自体が熱くなってしまうことがあります。

まあ、これはiPhoneにかかわらず、

どんなものでも熱くなってしまいますけどね^^;

2.iPhoneカバー

突然ですが、これを読んでいるあなたに、

一つだけ質問します。

あなたの使っているアイフォンカバーって、

どんなものでしょうか?

・・・意外としっかりした、

手帳のようなiPhoneカバーでしょうか?

「どんなカバーでもいいじゃん!」と思うかもしれませんが、

実はiPhoneカバーによっても、熱のこもり具合が違ってきます。

熱が逃げやすいものだったり、

熱が逃げにくいものだったりですね。

そのため、iPhoneの熱を気にするようであれば、

iPhoneカバーに気に使うことも、大切なのかもしれません。

スポンサーリンク

3.室温の高いところでiPhoneを使う

これも当たり前なのですが、室温の高いところでiPhoneを使うと、

iPhoneの温度が上がりやすくなります。

例えば、車のダッシュボードでナビを使用したり、

といったことですね。

特に車のダッシュボードは直射日光も当たるため、

iPhoneが熱を持ちやすい場所です。

車内に置くとしても、直射日光を避けた場所で、

使用するようにしましょう。

4.iPhoneを充電しながらゲームを遊び続ける

iPhoneを充電することで、

iPhoneの温度が上昇します。

これは、iPhoneの充電中にバッテリーへ電圧がかかるため、

熱を発するので当然のことです。

しかし、その最中にiPhoneを使用することにより、

バッテリーまわりにあるCPUも同時に作動するため、

iPhoneが更に熱を帯びるようになります。

要するに

  • 充電する際の熱
  • CPUを動かす際の熱

この2つの熱が同時に発生するため、

充電中にiPhoneを使用すると、かなり熱を持つんですよね。

特に、iPhoneのゲームアプリだと、

処理が重いものであればあるほど、CPUも稼働する率が高くなります。

よって、更に発熱する量も増えるというわけです。

スポンサーリンク

5.プログラムのエラー

これが一番厄介かもしれません。

iPhoneを使用していると、時折「何で熱いの?」と思うぐらい、

勝手に熱くなることがあります。

さっき、iPhone内部でCPUを使用して熱を発することを、

4つ目の理由として、少し説明しました。

しかしそれが、

ずーっと計算してる状態だったらどうなるでしょうか?

ずーっと計算し続け、

ずーっとCPUを使い続け、

ずーっとiPhoneが発熱し続ける・・・。

つまり、iPhoneで何もしてなくても、熱い状態になってしまうのです。

以上、iPhoneの発熱5つの原因について、

説明していきました!

次回は熱がこもった場合の解決法について、説明していきます。

【次記事】→【iPhoneが熱い】熱さをこもらせないための4つの対策!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。