回線速度でよく聞く【上りと下り】の意味は何?

どうも、フォネットです!

iPhoneの回線速度を調べていると、

「上り速度が~」とか「下り速度が~」という風な単語を、

よく目にしますよね。

しかし、この上り速度と下り速度

一体何の意味を表しているのでしょうか?

今回は上り速度と下り速度の意味について、

説明していきますね!

スポンサーリンク

回線速度でよく聞く[上り]と[下り]の意味とは?

インターネットの回線速度には、

主に2つの種類があります。

それが、

  • 上り速度
  • 下り速度

この2つのことです。

ところで、この上り速度と下り速度について、

どういう意味なのでしょうか?

回線速度の「上り速度」とは?

インターネット回線の上り速度とは、

「インターネットへ情報をアップロードする速度」

のことを指します。

例えば、

  • 撮影した動画をユーチューブへアップロードする
  • 撮った写真をフェイスブックやツイッターにアップロードする

そういった時にアップロード出来る最大容量のことを、

「上り速度」というわけです。

僕らユーザー側からインターネットへファイルをアップロードする時、

参考にするのが上り速度というわけですね。

スポンサーリンク

回線速度の「下り速度」とは?

では反対に、

インターネット回線の下り速度とは、何なのでしょうか?

インターネットの「下り速度」とは、

「インターネットから情報をダウンロードする際の速度」

のことを指します。

下り速度はインターネットを閲覧する際、

  • ウェブページの表示をしたり
  • YouTubeの動画を再生したり
  • ゲームの読み込みをしたり

・・・といったことで使われています。

一般的なインターネットを利用する際には、

この「下り速度」の方が重要です。

情報をアップロードすることは、ほとんどありませんからね^^;

スポンサーリンク

まとめ

以上、上り速度と下り速度の意味と、その違いでした。

  • 上り速度は情報をアップロードする速度
  • 下り速度は情報をダウンロードする速度

という風に、覚えてくださいね^^

関連記事はこちら!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。