iPhone版Twitterのスペースの使い方や参加する方法を解説!!

iPhone版Twitterのスペースの使い方や参加する方法を解説!!iPhoneとTwitter

どうも、フォネットです!

2021年5月より、Twitterのスペース機能が、本格的に運用開始しました。

実際どういった機能なのでしょうか?🤔

僕自身も気になったので、今回は

  • Twitterのスペースとは?
  • Twitterのスペースににおける権限
  • 【iPhone版】Twitterのスペースの使い方
  • Twitterのスペースの聞き方
  • Twitterのスペースの終了方法(抜け方)
  • iPhoneでTwitterスペース機能が使えない・開始できない理由
  • Twitterのスペースのその他疑問点

以上の内容について、まとめました!

Twitterのスペースとは?

Twitterの「スペース(Spaces)」とは、リアルタイム音声の会話ができる機能のことです。

2020年末から2021年にかけて「Clubhouse」というSNSが流行りましたが、それに似た機能です。

日本では2020年12月にiOSで、2021年3月からAndroidで一部のユーザーに試験的に導入されていました。

2021年5月より、本格的に運用開始しました。

Today, we’re bringing the ability to host a Space to all accounts with 600 or more followers on Twitter.

出典:Twitter公式

和訳すると「本日(5月3日)、Twitterで600人以上のフォロワーを持つすべてのアカウントに、Spaceのホストになる機能を提供します。」とのこと。

Twitterのスペースににおける権限

Twitterのスペースでは、クラブハウス同様にユーザーの権限があります。

  • ホスト
  • スピーカー
  • リスナー

この3つの区分に分けることが出来ます。

3つの区分の詳細の説明は、以下のとおりです。

Twitterのスペースにおけるユーザー権限
ホストスペースを作成したユーザーのことです。
スピーカー(発言者)発言の権限が与えられたユーザーのことです。
リスナースペースでホストやスピーカーの発言を聴ける人のことです。 聞くだけの参加にしたい場合は、リスナーとして参加しましょう。

Clubhouseで言うところの「モデレーター(ホスト)」「スピーカー」「オーディエンス(リスナー)」ですね🧐

【iPhone版】Twitterのスペースのやり方

iPhoneでTwitterのスペース機能を使うには、どうすれば良いのでしょうか?

ここでは、ホストとしてスペース機能を利用する場合のやり方について、順を追って説明していきますね😊

ホストとしてTwitterのスペースを使う

まずはホストとしてスペースを開始する方法について、説明します!

1.ホストとしてスペースを開始する

ホストとしてスペースを開始するには・・・

Twitterでツイートする部分を長押し(ロングタップ)します。

「スペースのアイコン 」をタップ。

ホストでスペースを開始する (1)ホストでスペースを開始する (2)

初めて行う場合は、以下の確認画面が表示されます。

  • 「はじめる」をタップ
  • 「マイクへのアクセスを許可」をオンにする
ホストがスペースを開始する02 (1)ホストがスペースを開始する02 (2)

「スペースに名前をつける」の部分をタップして、名前を変更します。

スペースの名前を変更し終えたら「スペースを開始」をタップして、スペースを開始しましょう!

Twitterのスペースに名前をつけるTwitterの「スペースを開始」を選択する

フリートのタイムラインにスペースが公開されます。

ホストとしてスペースを開始する手順まとめ
  1. Twitterでツイートする部分をロングタップ
  2. 「スペースのアイコン 」をタップ
  3. (初めての場合)「はじめる」をタップ
  4. (初めての場合)「マイクへのアクセスを許可」をオンにする
  5. 「スペースに名前をつける」の部分をタップ
  6. スペースの名前を変更する
  7. 「スペースを開始」をタップ

2.スピーカーを設定する

ホストとしてスペースを立ち上げたら、次にスピーカーの設定を変更(確認)してみましょう。

下のメニューバーにある三点リーダー「三点リーダーのアイコン」をタップします。

「設定」をタップします。

スピーカーを設定する (1)スピーカーを設定する (2)

発言できる参加者の部分で、スピーカー権限の設定を変更できます。

スピーカーを設定する (3)

権限については、下に行くほど厳しく設定されていますね🤔

初期設定では「スピーカーとして招待したアカウントのみ」になっています。

スピーカーを設定する方法まとめ
  1. 三点リーダー「三点リーダーのアイコン」をタップ
  2. 「設定」をタップ
  3. 発言できる参加者を設定する

3.スピーカー(発言者)を招待する

ホストとしてTwitterのスペースを立ち上げ、スピーカーの範囲設定が終わったら、実際に「スピーカー」を招待してみましょう。

スピーカーを招待するには、2つの方法があります。

  1. スピーカーを追加する
  2. DMで招待する

それでは、順番に説明しますね😊

3-1.スピーカーを追加する

スピーカーを追加するには・・・

下のメニューにある「人が並んでいるアイコン(スピーカーを招待するアイコン)」をタップします。

「スピーカーを追加」をタップします。

スピーカー(発言者)を招待する (1)スピーカー(発言者)を招待する (2)

招待したい相手にチェックを入れて「招待」をタップするとスピーカーとして追加が出来ます。

スピーカーを追加する手順まとめ
  1. 人が並んでいるアイコン(スピーカーを招待するアイコン)をタップ
  2. 「スピーカーを追加」をタップ
  3. 「招待」をタップ

3-2.DMで招待をする

また、ホストはDMにて招待を送ることが出来ます。

  • 共有アイコン(共有アイコン)をタップ
  • 「DMで招待」をタップ
DMを送ってスピーカーに招待する (1)DMを送ってスピーカーに招待する (2)

チェックを入れて送信ボタン(送信アイコン)をタップすると、相手にダイレクトメールを送ることが出来ます。

送られてきたDMからは、リスナーか発信者(スピーカー)として参加することが出来ます。

DMでスピーカーとして招待する方法まとめ
  1. 共有アイコン(共有アイコン)をタップ
  2. 「DMで招待」をタップ
  3. チェックを入れて送信ボタン(送信アイコン)をタップ。

4.スペースで会話を始める

スペースで会話を始める

スペースを立ち上げてすぐは、必ずマイクが「オフ」の状態に設定されています。

マイクボタンを「オン」に切り替えて、会話を開始しましょう。

スピーカーとしてスペースに参加する

DMで招待された場合や、ホスト側の設定によっては、リスナーかスピーカー(発信者)かを選択して参加できます。

まずはDMに送られてきた招待から「スペースに参加」をタップします。

スピーカーとしてスペースに参加する場合は「スピーカー(発信者)」を選択します。

「このスペースに参加」をタップして参加します。

DMからスピーカーとしてスペースに参加する (1)DMからスピーカーとしてスペースに参加する (2)

また、ホスト側の設定によっては、リスナーとして参加が可能な場合があります。

(詳しい設定は「ホスト権限でのTwitterのスペースの使い方(2.スピーカーを設定する)」を閲覧してください。 クリックしてタップしてサイト内移動。

上の「紫色のアイコン部分」をタップします。

ここで参加方法が選択できる場合は、スピーカーを選択するとスピーカーとして参加ができます。

リスナーとしてスペースに参加する (1)スピーカーとしてスペースに参加する (2)

もし参加方法の項目が無ければ、こちらから参加する方法ではスピーカーになることは出来ません。

スピーカーとしてスペースに参加する方法まとめ
  1. DM内の「このスペースに参加」をタップ
  2. 「スピーカー(発信者)」を選択
  3. 「スペースに参加」をタップ

Twitterのスペースの聞き方(リスナーとして参加する)

ホストとしてではなく、単純に聞きたい方もいらっしゃると思います。

Twitterのスペースを聞くだけで利用したい場合は、リスナーとしてスペースに参加しましょう。

リスナーとしてスペースに参加するには・・・

上の「紫色のアイコン部分」をタップします。

リスナーを選択しましょう。ここはスペースの設定内容によりますが、設定がなければ自動的に「リスナー」になります。

「このスペースに参加」をタップして参加します。

リスナーとしてスペースに参加する (1)リスナーとしてスペースに参加する (2)

これで参加できました!

なお、告知ツイートも同様に「スペースに参加」をタップすると、基本的には同じ流れでスペースに参加できます😊

 

ちなみに、初めての場合、以下のような画面が出てくるかと思います。

「はじめる」をタップします。

「マイクへのアクセスを許可」をタップしてオンにします。

ホストがスペースを開始する02 (1)ホストがスペースを開始する02 (2)

 

リスナーとしてスペースに参加する方法まとめ
  1. 紫色のアイコン部分をタップ
  2. 「リスナー」を選択(スペースの設定による)
  3. 「このスペースに参加」をタップ

ホスト側がTwitterのスペースを終了する

ホストがスペースを終了するには、スペース画面から右上の「終了」をタップ。

スペースを終了するかどうか?の確認画面が表示されるので「終了する」をタップします。

Twitterのスペースを終了する (1)Twitterのスペースを終了する (2)

ホストがスペースを終了すると、そのスペース自体が消えるため、スピーカーやリスナーは自動的に終了することになります。

スピーカー・リスナー側のスペースの抜け方

Twitterのスペースを退出する

スピーカー側、リスナー側がスペースを退出するには、右上にある「退出」をタップすれば退出することが出来ます。

iPhoneでTwitterスペース機能が使えない・開始できない理由

Twitterのスペース機能がリリースされてから「Twitterでスペース機能を使えない!」と言う声が、多くありました。

その多くの場合は「ホストとしてTwitterのスペース機能を使いたい」という意見です。

現在、iPhoneでTwitterのスペース機能を開始できるユーザー(ホストとして配信できるユーザー)は、限られています。

ここでは、Twitterのスペース機能が開始できない理由について、まとめました。

1.「600人以下」はホストになれない

先ほどのツイッター公式の文章にある通り(クリックしてタップしてサイト内移動)、600人以上にフォローされていなければスペース機能のホストにはなれません。

なお、人によってはスペースを利用できてるよってつぶやきも見かけましたが、実際のところはなんとも言えませんね🤔

2.アカウントが非公開

ホストとしてスペースが利用できるのは、公開アカウントのみとなっています。

鍵アカウントではスペース機能をホストとして開始できませんので、ご注意ください。

ただし、非公開アカウント(鍵アカウント)でも、リスナーやスピーカーになることは可能です。

3.PCでは利用できない

今のところ、PC版の「Twitter.com」では、スペース機能が未実装です。

しかし、文面を読む限り「今後Twitter.comでも利用可能になる予定です」とあるので、対応を待つことといたしましょう。

4.Twitterアプリが最新ではない

Twitterアプリが最新版で無いと、スペース機能を使えない可能性があります。

Twitterアプリを最新版にしましょう。

「Apple Store」をタップ。 「検索部分」をタップ。

Twitterを再インストールする (1)Twitterを再インストールする (2)

「Twitter」と入力して「アップデート」のボタンをタップします。

※「開く」の場合は最新バージョンです。

Twitterを再インストールする (3)Twitterを再インストールする (4)

ちなみに、筆者はアカウントで600人以上のアカウントを持っているのですが、スペース機能が実装してすぐは使えませんでした😅

アプリの更新は先にやっていたので、システム的な読み込みの問題かもしれません。

人数を満たしていても使えない場合もありますので、1時間ほどして再度確認してみてください。

Twitterのスペースのその他疑問点

Twitterのスペースを使っていた際の疑問点について、まとめました。

Twitterのスペースを使うとバレる?

Twitterのスペースは、どの権限であっても(ホスト/スピーカー/リスナー)参加者全員を一覧で見ることが出来ます。

ですので、スペースに参加している場合はバレます。

1つのスペースに何人まで入れるの?

「スピーカー」の権限は最大10人まで。

リスナーの人数は無制限となっています。

リスナーって何も出来ないの?

リスナーは絵文字を使って気持ちを表現できます

リスナーは絵文字を使って今の気持ちを表現することが出来ます。

また「マイクのアイコン」をタップすると、ホストに対してスピーカー権限移行のリクエストをすることが出来ます。

スピーカーとして参加したい場合は、リクエストを送ってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました