【iPhoneが熱い】熱さをこもらせないための5つの対策!!

iPhoneの熱

どうも、フォネットです!

前回の記事では「iPhoneを使用していて熱がこもってしまった…」という場合の原因について、いくつか説明していきました。

今回はいかにiPhoneの熱を逃すか?について出来る、5つの対策について、説明していきます。

 

iPhoneに熱をこもらせないための5つの対策

iPhoneの熱をこもらせないためには、主に5つの対策があります。

  1. ズボンやポケットに入れない
  2. iPhoneカバーを見直す
  3. プログラムは一旦切る
  4. 電波は捜さないようにする
  5. iPhoneを再起動する

この5つですね。

では、それぞれ見ていきましょう。

 

1.夏場のズボンやポケットに入れない

iPhoneをズボンやポケットに入れておくと、iPhoneを使用していなくても、熱がこもってしまいます。

特に夏場は暑く、地肌に近いと汗で湿り気も多くなるので、iPhoneにとって最悪の環境と言っても過言ではありません…。

なるべく肌に近い服のポケットには入れないようにするか、もしくはカバンの中に入れるようにしましょう。

 

2.iPhoneカバーを見直す

「熱を逃がす」という観点から見れば、iPhoneのカバーにもこだわる必要が出てきます。

特に、

  • レザーケースと言った革のケース
  • 手帳のような閉じるタイプのケース

こういったケースは熱がこもってしまい、逃げにくくなってしまいます。

「じゃあ、iPhoneのケースは付けない方がいいの?」と思うかもしれませんが、これは場合によります。

例えば、アルミ製のケースは、熱伝導率が高いため、熱がこもりやすくなることはありません。

また、クリアケースのようなそれほど厚みがないケースであれば、熱がこもることもありません。

 

3.プログラムは一旦切る

iPhone内のタスクが原因で熱を持ってしまってる場合は、プログラム自体を一旦閉じることも大切です。

特にネットワークを随時使用するアプリ(地図アプリ等)が起動していると、通信の際に熱が発生し、iPhoneが熱くなりやすいです。

使用後はiPhoneのマルチタスク画面を起動して、アプリ自体を閉じるようにしましょう。

iPhoneのマルチタスクの消し方!!どうすれば消えるの?01

iPhoneのマルチタスクの消し方は、以下の記事に詳しく書かれています。

→iPhoneのマルチタスクの消し方!!どうすれば消えるの?

4.電波は捜さないようにする

iPhoneはネットワークに通信をしている時にも、熱を発生させます。

そのため、出来ればWi-Fiや4Gを往復するような場所では、Wi-Fiをオフにするといいです。

もしくは、iPhoneを機内モードにして、ネットワークそのものを完全に遮断することも効果的ですね。

→iPhoneを機内モードに設定はこちら!!

 

また、暑い場所では出来るだけiPhoneのアプリの更新も、控えておきたいところです。

現在ではiPhoneはアプリの更新を自動で行うように初期設定されています。

もし自動更新させたくない場合、iPhoneアプリの自動更新をオフにすることもできます。

便利な機能なので判断は任せますが、もし気にするようであれば、ぜひ試してみてください。

【参考】→iPhoneのアプリを自動でアップデートしない設定にする!!

 

5.iPhoneを再起動する

極稀にプログラムのエラー等により、処理がずっと行われることがあります。

この場合は一度再起動をすることにより、処理が一旦リセットされるため、解消される事が多いです。

iPhoneを再起動の方法

  • iPhoneのスリープボタンを長押し(Ⅹ以降は音量調節ボタンと同時押し)
  • スライドして電源をOFFにする

で、まずは電源をオフにします。

 

 

電源が消えたら、再び「サイドボタンを長押し」して電源を起動しましょう。

iPhone8-iPhoneX 再起動の方法2

以上で再起動の方法は終了です。

 

以上、iPhoneの熱さをこもらせないための5つの方法でした!

夏場はただ使用しているだけでも、iPhoneが熱くなりやすい環境です。

熱中症にならないよう気をつけるような感覚で、iPhoneを労って使用することをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました