【iPhoneが熱い】熱さをこもらせないための4つの対策!!

どうも、フォネットです!

前回の記事では、

「iPhoneを使用していて熱がこもってしまった…」

という場合の原因について、いくつか説明していきました。

今回はいかにiPhoneの熱を逃すか?について、

簡単に説明していきます。

スポンサーリンク

iPhoneに熱をこもらせないための4つの対策

iPhoneの熱をこもらせないためには、

主に4つの対策があります。

  1. ズボンやポケットに入れない
  2. iPhoneカバーを見直す
  3. プログラムは一旦切る
  4. 電波は捜さないようにする

この4つですね。

では、それぞれ見ていきましょう。

1.夏場のズボンやポケットに入れない

iPhoneをズボンやポケットに入れておくと、

iPhoneを起動していなくても、熱がこもってしまいます。

特に夏場は暑く、

地肌に近いと汗で湿り気も多くなるので、

なるべく肌に近い服のポケットには入れないようにしましょう。

スポンサーリンク

2.iPhoneカバーを見直す

「熱を逃がす」という観点から見れば、

iPhoneのカバーにもこだわる必要が出てきます。

特に、レザーケースと言った革のケースや、

手帳のような閉じるタイプのケースは、

熱がこもってしまい、逃げにくくなってしまうのです。

「じゃあ、iPhoneのケースは付けない方がいいの?」

と思うかもしれませんが、これは場合によります。

例えば、アルミ製のケースは、

熱伝導率が高いため、熱がこもりやすくなることはありません。

また、クリアケースのようなそれほど厚みがないケースであれば、

熱がこもることもありません。

3.プログラムは一旦切る

iPhone内のバグが原因で熱を持ってしまってる場合は、

プログラム自体を一旦閉じることも大切です。

iPhoneのマルチタスク画面を起動して、

アプリ自体を閉じるようにしましょう。

iPhoneのマルチタスクの消し方!!どうすれば消えるの?01

iPhoneのマルチタスクの消し方は、

以下の記事に詳しく書かれています。

→iPhoneのマルチタスクの消し方!!どうすれば消えるの?

スポンサーリンク

4.電波は捜さないようにする

前回の記事では書きそびれてしまいましたが、

iPhoneはネットワークに通信をしている時にも、

熱を発生させます。

そのため、出来ればWi-Fiや3Gを往復するような場所では、

Wi-Fiをオフにするといいです。

もしくは、iPhoneを機内モードにして、

ネットワーク自体を完全に遮断することもありですね。

→iPhoneを機内モードに設定はこちら!!

その他にも、iPhoneが暑い場合は、

アプリの更新も出来れば控えておきたいところです。

iPhoneアプリの自動更新をオフにすることもできるので、

ぜひ、やってみてください。

【参考】→iPhoneのアプリを自動でアップデートしない設定にする!!

以上、iPhoneの熱さをこもらせないための4つの方法でした!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。