iPhoneをおやすみモードに設定すると相手にはどう反応する?

どうも、フォネットです!

iPhoneのおやすみモード、使っていますか?

僕自身、知らない時には使ってなかったのですが、

今となっては毎日使用してますね^^

iPhoneのおやすみモードは、

相手の着信を基本的にないものとする設定のこと。

なので、人によっては

「相手の挙動がどうなるのか?気になる…」

として、使えない人も多いようですね^^;

気持ちはよくわかるので、今回きっちり調べてみましたよ!

スポンサーリンク

iPhoneをおやすみモードに設定すると相手にはどう反応する?

まず、iPhoneのおやすみモードには、

着信を部分的に許可する設定があります。

そのため、相手をこちら側が指定して、

普通に通話できるように、設定することが可能です。

しかし、今回は許可していない場合の反応が、

気になるところですよね(笑)

許可していない相手の場合は、

通話中の反応が返ります。

プー、プー・・・。という音が流れるわけですね。

そのため、相手には

  • おやすみモードなのか?
  • はたまた本当に通話中なのか?

判断することは出来ません。

また、設定によっては、相手が何度も電話を続けて掛けた場合にのみ、

電話がなるように設定することも可能です。

スポンサーリンク

着信拒否とおやすみモードって何が違うの?

しかし、ここで一つ疑問に思うことがあります。

それは、

「着信拒否とは違うのか?」という点です。

確かに、着信拒否の設定をすると

同じような反応を示しますね。

確かに、以前書いた記事内で紹介した

「【iPhoneの着信拒否】相手にはどうみえるのか?」

について見てみると…。

「相手が通話中に電話をかけたものと、同じ反応になる」

・・・と書かれています。

(忘れてたとはいえない 苦笑)

しかし、着信拒否とおやすみモードには、

大きく異なる点が一つあります。

それは「自分側の着信の対応」です。

というのも、着信拒否の場合は相手から電話が掛かってきた事自体、

着信拒否した側に、知らされることはありません。

しかし、おやすみモードの場合は、

相手から電話が掛かってきたことを、

着信履歴としてメッセージに表示されるようになっています。

その点が、おやすみモードと着信拒否の違いです。

・・・まあ、相手の挙動に関して言えば、

一緒なんですが(笑)

スポンサーリンク

まとめ

今回は「iPhoneのおやすみモード時相手にはどう見えるのか?」

について、まとめてみました。

画面ロック時に電話着信が制限されるので、

それほど相手には大きな違いは感じないと思います。

貴方自身の快眠のためにも、ぜひ、使用してみてくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。