iPhoneのモバイルバッテリーで損をしない3つの選び方!!

footer_iphonet01

どうも、フォネットです!

最近、たまにですが旅行に行くことがあります。

その際、iPhoneの電池が結構ピンチになることがあり、

そろそろバッテリーを買わなきゃなーとなっている、

今日このごろです(笑)

でも、iPhoneで使用するモバイルバッテリーって、

色々と種類があって、何を基準に選んだらいいか分かりませんよね?

僕自身もそのことで悩んでいたので、

今回は知らべた内容をまとめて、イチから分かりやすく書いてみました!

スポンサーリンク

モバイルバッテリーを選ぶ3つの基準

モバイルバッテリーを選ぶ際に重要な点は以下の3点。

  1. モバイルバッテリーの表示容量
  2. モバイルバッテリーの入力電流
  3. モバイルバッテリーの出力電流

では、詳しく説明していきます!

モバイルバッテリーの表示容量はどの位がベスト?

まず、モバイルバッテリーに表記されている

mAh(ミリアンペアアワー)とは、毎時流れる電流の量のことを指します。

このモバイルバッテリーの充電容量は、

実際に表記されている内容量の6割~7割程度と言われています。

例えば、6000mAh(ミリアンペアアワー)だと、

毎時流れる電流の量が、6000ということになりますが、

実際にはこの表記から、

少なく見積もって3600mAh程度しか、電流が流れないことになります。

おそらく、ここで「なんで、6割しか充電できないの?」と、

疑問に思うところです(というか僕が思った)。

理由は次の項目にて、詳しく説明していきますね。

スポンサーリンク

モバイルバッテリーの充電容量は6割の理由

モバイルバッテリーの充電容量が、実際の表示容量の6割~7割になる理由は、

以下の3つの理由があります。

  • 出力時に電圧に変換する際に出るロス
  • 出力時にケーブルの抵抗がある
  • 電池が完全に空にならないための放電対策

以上の3つの理由により、

実際にはモバイルバッテリーに6000mAhであっても、

出力の際には容量の6~7割しか、充電できないようになっているのです。

では、これを理解した上で、

僕らはiPhoneのバッテリー容量を見つつ、

モバイルバッテリーを選んでいく必要があります。

ここで、iPhoneの機種別のiPhoneのバッテリー容量を見てみます。

 機種 バッテリーの容量(mAh)
iPhone6 Plus 2915

iPhone6

1810
 iPhone5S 1570
 iPhone5C 1507
 iPhone5 1440
 iPhone4S 1420

モバイルバッテリーの容量は

iPhoneのバッテリー容量と比較して、

それぞれ決めることになります。

個人的にオススメのモバイルバッテリーの容量は、

6,000~8,000mAhのものです。

上記のモバイルバッテリーの表示容量から60%にすると、

大体3600mAh~4800mAhとなります。

これなら「iPhone5Sへ2~3回のフル充電が可能」ということになります。

しかし、iPhone6 Plusの場合は、

容量がかなり大きいので10,000mAh以上バッテリーを買うのも、

考えておくと良いでしょう。

ただし、大容量のモバイルバッテリーには、一つだけ注意点があります。

それは、大きすぎると充電時間が掛かることです。

なので、多くても15,000mAh以内で探すと、

個人的には良いと思います。

スポンサーリンク

モバイルバッテリーの充電速度

次に、モバイルバッテリーの充電速度に注目します。

充電速度を見るには、

入力電圧/電流の「5V/1A」と言った表記を見ます。

これの意味は、入力の際にアダプターを通すと

「5V/1A」の電圧と電流が流れるという意味です。

この数値で見て欲しいのは、

A(アンペア:電流)の方です。

なぜなら、電流の流れる量が多いほど、

モバイルバッテリーの充電速度が早くなるからです。

実際に6000mAhのモバイルバッテリーを例に説明すると。

  • 1A=1000mA

です。

これで時間を計算するには、

  • t(時間)=モバイルバッテリーの容量÷入力電流

ということになり、

  • 6(時間)=6000/1000

つまり「モバイルバッテリーの充電には6時間掛かる」

ということが分かります。

ただし、実際にはケーブルの抵抗とかで、

これに目安として1.2~1.5倍の時間がかかります。

なので、実際に6000mAhのモバイルバッテリーを充電するには、

長くて9時間必要というわけですね。

では、ここでさらに早くするには、どうすればいいのか?

というと、

  1. バッテリーの容量を減らすか
  2. バッテリーに流れる電流の量を増やすか

の2つになります。

1は論外ですので、

2番の電流の量を増やせばいいじゃないってことですね(笑)

モバイルバッテリーの出力電流は1Aで十分?

では逆に、出力の電流はどうすればいいのでしょうか?

こちらは、あなたが使っているiPhoneの機種によって考えて下さい。

理由は簡単で、

以下の通り、iPhoneによって対応している電流が異なるためです。

 機種 アダプタの出力

5.0V/2A

iPhone6

5.0V/1.5A
 iPhone5S 5.0V/1A
 iPhone5C 5.0V/1A
 iPhone5 5.0V/1A
 iPhone4S 5.0V/1A

要するに、iPhone5Sまでは1Aだったので、

1AのものでもOKです。

2A以上のものを買っても、あんまり意味が無いです。

iPhone 6 Plusの場合は2Aのものでも高速充電出来るので、

買ってもいいかなと思いますね。

まあ、こちらは自動で最適化してくれる場合がほとんどですので、

気にしなくても大丈夫です。

ちなみに、1A以下の電流も流れるようになっています。

その場合は、充電時間の計算から分かると思いますが、

1A以下の電流だと、充電時間が長くなります。

なので、出力電流はiPhoneの機種に

対応しているアンペア数で、出力するようにしましょう。

まとめ

今回はモバイルバッテリーの選び方についてと、

オススメのモバイルバッテリーについて、書いていきました!

最後にまとめると

  • 6000~8000mAhのものを選ぶ
  • 入力電流は1Aよりも多いものを選ぶ
  • 出力は対応機種によってを選ぶ

ということです!

これを踏まえた上で、

いま人気のモバイルバッテリーから探せば、まず損しないです。

→Amazonで人気のモバイルバッテリーランキングはこちら

→楽天市場で人気のモバイルバッテリーランキングはこちら

次回はオススメのモバイルバッテリーについて、

紹介していきますね^^

【次記事】→iPhoneで使用出来るオススメのモバイルバッテリー2選!!

Share_iPhonet

mail_iphonet03

メールアドレス

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。