iPhoneのLive Photosとは?写真のみ保存する方法と壁紙に設定する方法

iPhoneのLive Photosとは?写真のみ保存する方法と壁紙に設定する方法iPhoneの写真

どうも、フォネットです!

iPhone6Sシリーズ以降に登場した「Live Photos」という機能。

このLive Photos機能をアイフォンを使っている人で理解している人は、少ないように思います🤔

今日はそんなiPhoneのLive Photos(ライブフォト)について、一通り説明しようと思います。

この記事で分かること
  • iPhoneのLive Photos(ライブフォト)とは?
  • 「Live Photos」が向いてる写真
  • iPhoneの「Live Photos」で動画のみ削除して写真を保存するには?
  • iPhoneの「Live Photos」で壁紙を設定する

以上の内容について、説明していきます!

iPhoneのLive Photos(ライブフォト)とは?

あなたはiPhoneの「Live Photos(ライブフォト)」という機能を、ご存知でしょうか?

iPhoneの「Live Photos(ライブフォト)」とは、カメラアプリのシャッターを切った瞬間の前後1.5秒ずつ。

合計3秒の「動く写真」が作れる機能のことです。

Live Photos(ライブフォト)が向いてる写真

冒頭でも触れましたが、iPhoneの「Live Photos(ライブフォト)」とは、動く写真を保存する機能のことです。

しかし「Live Photos機能があると、普通の写真・動画とどういう違いが有るのか?」と聞かれると、分かりづらいと思います。

実際に僕自身も最初、そう感じました🤔

一体何が出来て、どういった撮影シーンがLive Photosに向いているのでしょうか?

 

Live Photos機能に向いている写真は、主に2つ存在します。

  • 動きがある写真の中でベストの写真を選びたい場合
  • 長時間露出を使ってきれいに見せたい場合

それぞれ詳しく説明していきますね。

1.動きがある写真の中でベストの写真を選びたい場合

被写体が動く写真

Live Photosは3秒間の動画を取りつつ写真を撮影します。

そのため、切り抜きたいポイントを後で変更することが出来るため、動きのある写真には相性が良いです。

例えば・・・

  • ワンちゃんや猫ちゃんがこっちを向いた写真を撮りたい時
  • 運動会で走ってるシーンを撮影したい時
  • 川の流れやプールの光の反射が有る場所(光の反射のベストなタイミングを見つけられる)

こういったときに、Live Photosは写真として切り抜けるため、おすすめです。

2.長時間露出を使ってきれいに見せたい場合

長時間露出を使ってきれいに見せたい場合

Live Photosは、エフェクトに「長時間露出」という機能があります。

長時間露出とは、シャッタースピードを遅らせることで動いてるものを撮影する方法のことです。

長時間露出では、とても大雑把に分けると2つの使い方があります。

1つ目は、人が通る場所で人の映り込みをぼかしたり、あるいは「全く人を映らない状態にする」ことが出来ます。

撮影場所が都会や映り込みが多い場所のときに、おすすめできる機能ということですね。

 

2つ目は、光の残像を残すことで、幻想的に魅せることが出来ます。

例えば、車のヘッドライドや花火・観覧車などを使った光線を使うと、かなり幻想的な写真が撮れることがあります。

Live Photosの長時間露出を使用するには?

Live Photosの長時間露出を使用する方法について、紹介します!

Live Photosの長時間露出を使用するには・・・

iPhoneのホーム画面から「写真」をタップ。

下メニューバーから「アルバム」をタップします。

バーストモードで撮影した写真は1枚のみ保存する (1)「アルバム」をタップ

下へスクロールすると写真がフォルダ分けされているので、その中から「Live Photos」をタップします。

長時間露出を使用したい「Live Photos写真」をタップして開きます。

iPhoneのLive Photosを動画として保存するには? (0)Live Photosの長時間露出を使用するには? (2)

写真を上にスワイプします。

そうするとLive Photosで使用できるエフェクト機能があります。

エフェクトの中から「長時間露出」をタップします。

Live Photosの長時間露出を使用するには? (3)Live Photosの長時間露出を使用するには? (5)

この項目は、写真を上へスワイプするところからやり直すと、元のLive Photosの写真へいつでも戻すことができます。

Live Photosの長時間露出を使用する方法まとめ
  1. 「写真」をタップ
  2. 「アルバム」をタップ
  3. 「Live Photos」をタップ
  4. Live Photos撮影した写真を開く
  5. 写真を上にスワイプする
  6. エフェクトの中から「長時間露出」をタップ

iPhoneのLive Photosを動画として保存するには?

iPhoneでは、撮影したLive Photosを動画として保存することが出来ます。

Live Photosを動画として保存するには・・・

iPhoneのホーム画面から「写真」をタップ。

下メニューバーに有る「アルバム」をタップします。

iPhoneのLive Photosを動画として保存するには?「アルバム」をタップ

下にスクロールすると出てくるメニューの中にある「Live Photos」をタップ。

動画として保存したい「Live Photos」の写真を選択します。

iPhoneのLive Photosを動画として保存するには? (0)

左下の共有アイコン「共有アイコン」をタップ。

下へスクロールして「ビデオとして保存」をタップ。

これで動画が保存されます。

iPhoneのLive Photosを動画として保存する方法まとめ
  1. 「写真」をタップ
  2. 「アルバム」をタップ
  3. 「Live Photos」をタップ
  4. 動画として保存したいLive Photosの写真を選択
  5. 左下の共有アイコン「」をタップ
  6. 「ビデオとして保存」をタップ

iPhoneのLive Photosで動画のみ削除して写真を保存するには?

先ほどはLive Photosの写真を「動画として保存」したい場合を説明しました。

今度は逆に、Live Photosを写真として保存する方法も存在しますので、それについてご紹介していきますね😊

iPhoneのLive Photosを写真のみ保存する方法は、以下の2つの工程があります。

  1. 写真を保存する
  2. Live Photosを削除する

ここでは「写真を保存する」方法を見ていきましょう。

iPhoneのホーム画面から「写真」をタップ。

下メニューバーに有る「アルバム」をタップします。

iPhoneのLive Photosを動画として保存するには?「アルバム」をタップ

下にスクロールすると出てくるメニューの中にある「Live Photos」をタップ。

写真として保存したい「Live Photos」の写真を選択します。

iPhoneのLive Photosを動画として保存するには? (0)

右上にある「編集」をタップ。

下のメニュー画面にある「Liveマーク(Live Photosアイコン)」をタップします。

Live Photosで動画のみ削除して写真を保存する (1)Live Photosで動画のみ削除して写真を保存する (2)

中央にLive Photosのフレーム移動用の画面が出ます。

左右に動かして切り出したい場所を設定しましょう。

画像に残したい、いい場面が見つかったら「キー写真に設定」をタップします。

Live Photosで動画のみ削除して写真を保存する (3)Live Photosで動画のみ削除して写真を保存する (4)

画面右下に有る「チェックマーク」をタップして終了します。

次に現在表示されているLive Photosの画像を「写真として複製」を行います。

左下の「共有マーク(共有アイコン)」をタップします。

Live Photosで動画のみ削除して写真を保存する (5)Live Photosで動画のみ削除して写真を保存する (6)

「複製」をタップ。

ここで「通常の写真として複製」をタップします。

Live Photosで動画のみ削除して写真を保存する (7)Live Photosで動画のみ削除して写真を保存する (8)

これで写真として切り抜くことが出来ました!

後は写真として保存された事を確認したら、Live Photosの写真を削除してください。

iPhoneの「Live Photos」で動画のみ削除して写真を保存する方法まとめ
  1. 「写真」をタップ
  2. 「アルバム」をタップ
  3. 「Live Photos」をタップ
  4. Live Photos撮影した写真を開く
  5. 右上の「編集」をタップ
  6. Liveマークをタップ
  7. 左右に動かして切り出したい場所を設定
  8. 「キー写真に設定」をタップ
  9. 「チェックマーク」をタップ
  10. 「共有」をタップ
  11. 「複製」をタップ
  12. 「通常の写真として複製」をタップ

iPhoneのLive Photosで壁紙を設定する

iPhoneのLive Photosは、壁紙として設定することが出来ます。

壁紙として設定すると、ロック画面中に壁紙を長押し(ロングタップ)することで、壁紙を動かすことが出来ます。

iPhoneのLive Photosで壁紙を設定するには・・・

iPhoneのホーム画面から「設定」をタップ。

「壁紙」をタップします。

「設定」をタップiPhoneのLive Photosで壁紙を設定する (1)

「壁紙を選択」をタップ。

下のフォルダ分けされている「Live Photos」をタップします。

iPhoneのLive Photosで壁紙を設定する (2)iPhoneのLive Photosで壁紙を設定する (3)

「Live Photos」の写真の中から、壁紙として使用したいLive Photosの写真を選択してください。

長押しすると、Live Photosのプレビューが出来ます。

設定する前に動きを確認できるので良いですね😊

iPhoneのLive Photosで壁紙を設定する (4)iPhoneのLive Photosで壁紙を設定する (5)

問題なさそうなら右下にある「設定」をタップ。

「ロック中の画面」または「両方に設定」をタップします。

iPhoneのLive Photosで壁紙を設定する (7)iPhoneのLive Photosで壁紙を設定する (8)

これでiPhoneの壁紙に「Live Photosの写真」を設定できました!

なお、Live Photosの壁紙が動くのは、ロック画面中のみです。

iPhoneのホーム画面ではLive Photosは起動しません。

iPhoneのLive Photosで壁紙を設定する方法まとめ
  1. 「設定」をタップ
  2. 「壁紙」をタップ
  3. 「壁紙を選択」をタップ
  4. 「Live Photos」をタップ
  5. 「Live Photos」をオンにする
  6. 「設定」をタップ
  7. 「ロック中の画面」または「両方に設定」をタップ
iPhoneの写真
フォネットをフォローする
スポンサーリンク
この記事を読んだ方は、以下の記事も読んでいます
iPhonet

コメント

タイトルとURLをコピーしました