auの新プラン「povo(ポヴォ)」はいつから?他の新プランと比較してみた

auの新プラン「povo(ポヴォ)」はいつから?他の新プランと比較してみたiPhoneのNEWS!

どうも、フォネットです!

auが「povo(ポヴォ)」というサービスを提供することを発表しました。

今回はその「povo(ポヴォ)」について比較や違いなどを使って、掘り下げていきますね!

 

auが新プラン「povo(ポヴォ)」を発表

auの新プラン「povo(ポヴォ)」はいつから?

2021年3月サービス開始予定です。

「povo(ポヴォ)」はどんな内容?

「povo(ポヴォ)」の概要
基本使用料2,480円
データ容量20GB
データ容量超過時の通信速度最大1Mbps
5G対応
通話料20円/30秒
かけ放題500円/5分以内の通話かけ放題
1,500円/無制限かけ放題
データチャージ料500円/1GB
24時間データ使い放題200円で申し込み完了後、24時間データ通信量が無料
キャリアメール使用不可
申込方法オンラインのみ

引用元:20GBが月額2,480円、auのオンライン専用の新料金「povo (ポヴォ)」を提供

値段は20GBで2,480円/月。

ネットワークはau同一ネットワークのため「au回線をそのまま使用する」プランになります。

他の新プランと一番の違いは、24時間データ使い放題の部分ですね。

これは200円の追加料金で支払ってすぐに、24時間の間はデータ通信量が使い放題になるオプションサービスです。

筆者が持った感想になりますが、データ通信量が更に必要な場合に気にせず使用できるので、大容量プランの中では最もオススメのサービスになるかと思います。

ただし、注意書きとして「混雑時や動画などへの通信制御がある」とありますので、どこまで使用できるかが鍵になるかと思いますね🤔

また、ニュースリリースの内容を読んでみると、以下の内容が書かれています。

また、「povo」はシンプルで柔軟性の高いプラン設計をコンセプトとしており、月額2,480円で使えるデータ容量20GBに加えて、オンラインで自由に選択可能な、さまざまな追加トッピングをご用意します。
第1弾として、200円の追加料金でお申し込みから24時間データ通信が使い放題となる「データ使い放題 24時間」でオンライン授業や会議など一時的な大容量のデータ利用ニーズにお応えするほか、月額500円で5分間までの国内通話が無料でご利用いただける「5分以内通話かけ放題」などを提供します。
追加トッピングは、お客さまのニーズに応じて順次拡充していきます。

ということは、追加でのこういったオプション拡充は、今後追加されていくということになりますね。

新プラン「povo(ポヴォ)」の基本的なメリット

auの新プラン「povo(ポヴォ)」と他のプランとの基本的な違いは、以下の3点になります。

「povo(ポヴォ)」の3つのメリット
  1. 24時間データ使い放題が200円で使用できる
  2. 大手キャリアの新プランの中では最安値
  3. かけ放題はオプション料金化

少し詳細を説明すると、大手キャリアの新プランの中では、かけ放題が標準で付いている代わりに、料金が2980円になっています。

auの新プラン「povo(ポヴォ)」の場合は、このかけ放題の料金(500円)がオプション料金化されています。

これは通話をあまりしない人にとっては、最安値でau回線が利用できるメリットになります。

また、auの新プラン「povo(ポヴォ)」に興味があって、かつ「かけ放題が欲しい」人に対しても、きちんとオプション料金を支払えばかけ放題付きで使用できます。

そのため、かけ放題が欲しいユーザーも網羅しているプランと言えます。

この3点が、大きな違いだと個人的には思います。

「povo(ポヴォ)」を色々な事業者と比較してみた

「povo(ポヴォ)」は、現在ある「格安SIM」や「サブブランド」「ahamo(アハモ)」などの新プランと、どう違うのでしょうか?

まずは比較してみましょう。

「povo(ポヴォ)」と「サブブランド(Y!mobile/UQモバイル)」との比較

ブランド名auUQモバイルY!mobile
プラン名povo(ポヴォ)スマホプランVシンプル20
データ通信量20GB20GB20GB
基本料金2,480円3,980円3,780円
基本料に含むかけ放題
10分かけ放題500円700円700円
無制限かけ放題料金1,500円1,700円1,700円
速度制限1Mbps300kbps1Mbps
無制限かけ放題込
合計料金
3,980円5,680円5,480円

やはり、こうやって比較するとサブブランドよりも「povo(ポヴォ)」が安いことが分かります。

「povo(ポヴォ)」と「Softbank on LINE/楽天モバイル/ahamo(アハモ)/日本通信SIM(SSDプラン)」との比較

では、povo(ポヴォ)とSoftbank on LINE、楽天モバイル、日本通信SIM(SSDプラン)、ahamo(アハモ)と比べた場合は、どうなるでしょうか?

ブランド名auSoftbank日本通信SIMDocomo楽天モバイル
プラン名povo(ポヴォ)Softbank on LINESSDプランahamo(アハモ)Rakuten UN-LIMIT V
事業者MNOMNOMVNOMNOMNO
月額料金2,480円2,980円1,980円2,980円2,980円
データ通信容量20GB20GB20GB20GB無制限
容量超過後通信速度1Mbps1Mbps200kbps1Mbps1Mbps(パートナー回線)
かけ放題5分かけ放題70分/月5分かけ放題無制限(アプリが必要)
かけ放題料金5分かけ放題:500円
無制限かけ放題:1,500円
無制限かけ放題:1,000円無制限かけ放題:1,000円0円
音声通話料金20円/30秒5分を超えた後20円/30秒70分を超えた後10円/30秒5分を超えた後20円/30秒
データチャージ料500円/1GB500円/1GB1GBあたり250円1GBあたり500円
その他24時間使い放題:200円LINE使用量カウントフリー82の国や地域で追加料金無く利用可能店舗がある・支払い方法多数

比較表だけでは分かりづらいので、次の章で詳しく説明していきますね😊

なお「Softbank on LINE」「SSDプラン」「アハモ」「楽天モバイル」に関しては、以下の記事を参照してください。

 

Softbank on LINE
日本通信SIMのSSDプラン
ahamo(アハモ)
楽天モバイル

 

「povo(ポヴォ)」を他プランと比較して分かったこと

ここでは、アハモや日本通信SIM、楽天モバイルと比較して分かったことについて、書いていきます。

「povo(ポヴォ)」と「ahamo(アハモ)」の違い

povo(ポヴォ) と「ahamo(アハモ)」の違いは、以下の3つに分かれるかと思います。

  • 24時間データ通信量の有無
  • 回線の違い
  • 海外回線

この3つです。

ahamo(アハモ)の場合、82の国や地域で追加料金無く、そのまま利用可能です。

移動の際のモバイル回線を気にしなくていいのは、かなりのメリットになります。

ただ、海外利用に関しては、まだpovo(ポヴォ)の情報が少ないため、正確には書けない部分があります。

ですので

  • かけ放題なしで安く使用/24時間データ使い放題を使用する場合は「povo(ポヴォ)」
  • Docomo回線が良い/海外でよく利用する場合は「ahamo(アハモ)」

という風に分かれます。

「povo(ポヴォ)」と「Softbank on LINE」の違い

「povo(ポヴォ)」と「Softbank on LINE」の大きな違いは、やはり「24時間のデータ通信量無料」になります。

また、細かい部分では

  • 「povo(ポヴォ)」はかけ放題なしだけど最安値
  • 「Softbank on LINE」は5分かけ放題が最初から付いている

Softbank on LINEでは「LINE使用量カウントフリー」のサービスがオプション料金なしで付いています。

ですので

  • かけ放題なしで安く使用/24時間データ使い放題を使用する場合は「povo(ポヴォ)」
  • LINEをよく使用する場合は「Softbank on LINE」

という風に、選び方が分かれるように思います。

「povo(ポヴォ)」と「日本通信SIM(SSDプラン)」の違い

比較して分かる通り、同じようなプランで比較した場合、料金では日本通信SIMのSSDプランに軍配が上がります。

  • 日本通信SIM(SSDプラン):1,980円
  • au(povo(ポヴォ)):2,480円

とはいえ、日本通信SIMのSSDプランは「MVNO」(格安SIM)です。

格安SIMですから回線を借りて使用しているため、回線速度と安定性については、注意して利用する必要があります。

  • 回線速度/通話かけ放題で選ぶならpovo(ポヴォ)
  • 同じデータ通信量で少しでも安くしたい場合は日本通信SIMのSSDプラン

ということになります。

「povo(ポヴォ)」と「楽天モバイル」の違い

楽天モバイルとの差は、アハモと感じた事とほぼ同じです。

  • 楽天モバイルのMNOサービス提供開始は最近のため、カバー率は「povo(ポヴォ)」が良い(au回線がそのまま使えるため)
  • povo(ポヴォ)はオンライン販売のみ、楽天モバイルは店舗がある
  • 通信量が無制限のため、通信量だけでは楽天モバイルの方が良い

調べた限りでは、楽天モバイルの人口カバー率は、10月時点で人口カバー率87.4%です。

auは人口カバー率が99%あるため、もちろん人工カバー率では、現時点では敵いません。

povo(ポヴォ)のデメリット

さて、今回のpovo(ポヴォ)のデメリットは、主に3つです。

povo(ポヴォ)のデメリット
  1. 申込方法がオンラインのみ
  2. キャリアメールが使用できない
  3. 選択できるなら格安SIMの方が良い場合がある

申込方法がオンラインのみ

まず、申込方法がオンラインのみは、ahamoやSoftbank on LINE、更に格安SIMと一緒です。

今までの大手キャリアのプランでは、相談しながらプランの選択が出来るため、手続きがオンラインで完結してしまうことを、不安に思う層は出てくるかと思います。

とはいえ、オンライン慣れしている人にとっては、これはそれほどデメリットにはならないかと思います。

キャリアメールが使用できない

povo(ポヴォ)では、キャリアメールが使用できません。

大手キャリアのキャリアメール
  • ドコモの場合:@docomo.ne.jp
  • auの場合:@ezweb.ne.jp
  • ソフトバンクの場合:@softbank.ne.jp

とはいえ、近年では連絡手段として「LINE」や「Facebook」等のSNSアプリや「Gmail」などのフリーのメールアドレスがあるため、そこまで困ることは無いかと思います。

選択できるなら格安SIMの方が良い場合がある

これは他の大手キャリアの新プランも同様です。

値段を安く抑えたいのであれば、格安SIMの方が個人的には良いと思う点です。

総合的に良くしようとしすぎているため、自分が使用する携帯の機能をちゃんと理解して使用できる人にとっては、結果的に値段が割高になるようになっています。

例えば、節約に特化するのであれば、料金最安値のb-mobileイオンモバイルを選択することで、更に安く抑えることが出来ます。

b-mobileの料金
容量料金
1GB990円
2GB1,190円
3GB1,390円
4GB1,590円
5GB1,790円
イオンモバイルの料金
容量通常60歳以上限定
3GB1,280円
4GB1,580円
6GB1,980円1,580円
8GB2,680円1,980円

(もちろん、大容量の場合は楽天モバイルが無制限になるため、オススメです)

また「かけ放題」に特化した場合は、HISモバイルのかけ放題プランが、無制限かけ放題で「2,480円(3GB)」で使用できるため、オススメです。

容量音声通話SIM(Docomo回線)
3GB2,480円
通話時間・通話回数無制限
追加チャージ(1GB:最大30GB)250円

・・・というふうな感じで、格安SIMの場合は、どれかの機能に特化したものをご自身で選択することで、料金を抑えつつ更に満足できるSIMカードを選択することが可能です。

もちろん、他の格安SIMのプランと比較した場合「povo(ポヴォ)」は、総合的にかなり良いサービスであることに、変わりません。

まとめ

今回、auの新プラン「povo(ポヴォ)」について、詳しく掘り下げて説明していきました!

ahamo(アハモ)やSoftbankの「Softbank on LINE」に対抗して、通話料金やデータ使い放題プランといった対抗策を講じた印象です。

それでは!

 

↓【最後に宣伝】筆者が運営している格安SIMサイト↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました