新プラン「Softbank on LINE」はいつから?他プランと比較して分かったこと

Softbank on LINEiPhoneのNEWS!

どうも、フォネットです!

ソフトバンクがLINEモバイルの吸収合併し、オンライン専用のブランドとして「Softbank on LINE」というサービスを提供することを発表しました。

今回はその「Softbank on LINE」について比較や違いなどを使って、掘り下げていきますね!

 

LINEモバイル 新プラン(Softbank on LINE)を発表

個人的には、今回のソフトバンクのプレリリースで一番の目玉が、この「LINEモバイルの新プラン」です。

LINEモバイルの新プラン(Softbank on LINE)はいつから?

2021年3月サービス開始予定です。

「Softbank on LINE」はどんな内容?

「Softbank on LINE」の概要
基本使用料2,980円
データ容量20GB
データ容量超過時の通信速度最大1Mbps
5G対応
通話料5分以内の国内通話が何度でも無料(5分以降は20円/30秒)
かけ放題1,000円で無制限かけ放題
データチャージ料500円/1GB
カウントフリー「LINEがギガノーカウント(LINEカウントフリー)」

引用元:20GB+「LINEがギガノーカウント」を月額2,980円で提供

 

値段は20GBで2980円/月。

ネットワークはソフトバンク同一ネットワークということなので、格安SIMというよりサブブランドに近い形になるのかな?と思います。

また、アイキャッチで使用した画像やプレリリース内の内容に「MNO」という表記があるため、

  • ソフトバンクの回線を借りて運用するのではなく、
  • そもそもソフトバンク回線をそのまま使用する

と思われます。

Softbank on LINEの特設サイト

MNO(移動体通信事業者)って?

MNOとは、自社で基地局やアンテナを作って、回線のインフラを整えて運用している事業者のことを、MNOって言います。

日本では「Docomo、au、Softbank」の大手キャリア3社がMNOになりますね。

また、2020年には楽天がMNOに移行しました。

要するに自社で回線インフラを整えて提供するようになったのです。

 

一方で、格安SIMの事業者は「MVNO(“仮想”移動体通信事業者)」という事業者に当たります。

これは簡単に言うと、大手キャリアが「回線インフラを整えたところを借りて、回線を運用する事業者」のことです。

土地代や整備代といった回線インフラを整えない分、安価で回線を提供できるのが、格安SIMが安価でサービスを提供できる理由なのです。

ここで一度、今までの内容を図にしてまとめてみましょう。

mnoとmvnoの違い03

ちなみに、MVNE(仮想移動体サービス提供者)は、MNO(大手キャリア)とMVNO(格安SIM事業者)の仲介役になります。

これは課金システムや運用、端末調達といった、格安SIM事業者が事業を運用できるようにサポートする役割のことです。

 

MNOに移行すると、なにか変わることはあるの?

ところで、格安SIMの仕組み等を初めて知った方にとって「MVNOがMNOになったからといって、なにか変わるのか?」というのは、知らなかったしよく分からないところだと思います。

この部分について、詳しく掘り下げていきますね😊

MVNOは回線を借りて運用していることは、先ほどの項目でお伝えしました。

「借りて運用する」ということは、言い換えれば「借りた分しか使えません」

要するに「大手キャリアから借りた分だけしか使えないため、キャリア回線と同じ分の使用はでない」ということになります。

例えば、Softbankの回線を借りた場合、確かにSoftbankの回線を使用することは出来ます。

しかし、借りた分しか使用できないため、借りた以上にユーザーさんが利用している場合は、回線が混雑します。

回線が混雑すると、改善速度が遅くなってしまいます。

「格安SIMは回線速度が遅くなりがち」と言われる理由は、この「借りた分しか使用できない」というところにあります。

よく、回線速度車の速度道路の幅に例えられます。

  • 車(格安SIM利用者)が増えれば、渋滞がしやすくなります。
  • 道路幅が狭くなれば(借りている回線が少なければ)、渋滞が生まれやすくなります。
  • 渋滞してしまえば、車は速度を出せなくなります(回線速度の低下)

「利用できる回線」より「利用者」が増えれば混雑し、回線速度が遅くなる

話を戻しましょう。

MVNOからMNOに移行するということは、Softbankの回線をそのまま運用できます。

Softbankの回線をそのまま運用できるということは、回線速度が格安SIMとは比べ物にならないくらい「速く」「安定して」使用できるようになる・・・ということなのです!

これは回線速度が気になるユーザーさんにとっては、かなりのメリットになると思います😊

「Softbank on LINE」を色々な事業者と比較してみた

「Softbank on LINE」は、現在ある「格安SIM」や「サブブランド」「アハモなどの新プラン」と、どう違うのでしょうか?

まずは比較してみましょう。

サブブランド(Y!mobile/UQモバイル)との比較

ブランド名SoftbankUQモバイルY!mobile
プラン名Softbank on LINEスマホプランVシンプル20
データ通信量20GB20GB20GB
基本料金2,980円3,980円3,780円
基本料に含むかけ放題5分かけ放題
10分かけ放題700円700円
無制限かけ放題料金1,000円1,700円1,700円
速度制限1Mbps300kbps1Mbps
無制限かけ放題込
合計料金
3,980円5,680円5,480円

やはり、こうやって比較するとサブブランドよりも「Softbank on LINE」が安いことが分かります。

「Softbank on LINE」と「楽天モバイル/ahamo(アハモ)/日本通信SIM(SSDプラン)との比較

では、近年プランを寄せてきた楽天モバイルや日本通信SIM(SSDプラン)、ahamo(アハモ)と比べた場合は、どうなるでしょうか?

ブランド名Softbank日本通信SIMDocomo楽天モバイル
プラン名Softbank on LINESSDプランahamo(アハモ)Rakuten UN-LIMIT V
事業者MNOMVNOMNOMNO
月額料金2,980円1,980円2,980円2,980円
データ通信容量20GB20GB20GB無制限
容量超過後通信速度1Mbps200kbps1Mbps1Mbps(パートナー回線)
かけ放題5分かけ放題70分/月5分かけ放題無制限(アプリが必要)
音声通話料金5分を超えた後20円/30秒70分を超えた後10円/30秒5分を超えた後20円/30秒
データチャージ料500円/1GB1GBあたり250円1GBあたり500円
その他LINE使用量カウントフリー82の国や地域で追加料金無く利用可能店舗がある・支払い方法多数

比較表だけでは分かりづらいので、次の章で詳しく説明していきますね😊

なお「SSDプラン」「アハモ」「楽天モバイル」に関しては、以下の記事を参照してください。

日本通信SIMのSSDプラン
ahamo(アハモ)
楽天モバイル

 

比較して分かったこと

ここでは、アハモや日本通信SIM、楽天モバイルと比較して分かったことについて、書いていきます。

「Softbank on LINE」と「ahamo(アハモ)の3つの違い

Softbank on LINE と「ahamo(アハモ)」の違いは、以下の3つに分かれるかと思います。

  • LINE使用量カウントフリー
  • 回線の違い
  • 海外利用

この3つです。

アハモの場合、82の国や地域で追加料金無く、そのまま利用可能です。

移動の際のモバイル回線を気にしなくていいのは、かなりのメリットです。

ただ、海外利用に関しては、まだSoftbank on LINEの情報が少ないため、正確には書けない部分があります。

確定している点は「Softbank on LINE」が、LINEのデータ通信量を使用せずに利用できる点です(LINEカウントフリー)。

ですので

  • LINEをよく使用する場合はSoftbank on LINE
  • 海外によく移動する場合はahamo(アハモ)

という風に、選び方が分かれるように思います。

料金で言えば日本通信SIMのSSDプランに軍配が上がる

比較して分かる通り、同じようなプランで比較した場合、料金では日本通信SIMのSSDプランに軍配が上がります。

  • 日本通信SIM(SSDプラン):1,980円
  • Softbank(Softbank on LINE):2,980円

とはいえ、比較表でも記載したとおり、日本通信SIMのSSDプランは「MVNO」です。

格安SIMですから回線を借りて使用しているため、回線速度と安定性については、注意して利用する必要があります。

  • 回線速度で選ぶならSoftbank on LINE
  • 同じデータ通信量で少しでも安くしたい場合は日本通信SIMのSSDプラン

ということになります。

Softbank on LINEと楽天モバイルの違い

楽天モバイルとの差は、アハモと感じたこととほぼ同じです。

  • 楽天モバイルのMNOサービス提供開始は最近のため、カバー率は「Softbank on LINE」が良い
  • Softbank on LINEはオンライン販売のみ、楽天モバイルは店舗がある
  • 通信量が無制限のため、通信量だけでは楽天モバイルの方が良い

調べた限りでは、楽天モバイルの人口カバー率は、10月時点で人口カバー率87.4%です。

Softbankは2013年から99%あるため、カバー率では現時点では敵いませんね。

 

Softbank on LINEの発表で思った2つのこと

さて、今回のSoftbank on LINEの発表で個人的に思ったことは、2つあります。

  1. 選択できるなら格安SIMの方が良い場合がある
  2. LINEモバイルの良さが半減している気がする

以下で詳しく掘り下げていきますね。

1.選択できるなら格安SIMの方が良い場合がある

1つは、格安SIMの方が個人的には良いと思う点です。

これはahamoのときにも感じたことですが、全てにおいて良いものを目指そうとし過ぎているように感じます。

総合的に良くしようとしすぎているため、自分が使用する携帯の機能をちゃんと理解して使用できる人にとっては、結果的に値段が割高になっているように感じます。

例えば、節約に特化するのであれば、料金最安値のb-mobileイオンモバイルのどちらかを選択することで、かけ放題プランを含めてもデータ通信量を削ることで、更に安く抑えることが出来ます。

(もちろん、大容量の場合は楽天モバイルが無制限になるため、オススメです)

また「かけ放題」に特化した場合は、HISモバイルのかけ放題プランがアプリなしで「2,480円(3GB)」で使用できるため、オススメです。

・・・というふうな感じで、どれかの機能に特化した格安SIMを選択することで、料金を抑えつつ更に満足できるSIMカードを選択することが可能です。

もちろん、他の格安SIMのプランと比較した場合「Softbank on LINE」は、総合的にかなり良いサービスであることに、変わりません。

 

2.LINEモバイルの良さが半減している気がする

これは先ほどの話と関連しますが、今回の発表はLINEモバイルの本来の魅力を消してしまった印象があります。

というのも、現在LINEモバイルに加入しているユーザーさんは「カウントフリーオプション」に魅力を感じて加入していることと思います。

このカウントフリーオプションは、オプション料金を支払うことで、LINEだけでなく「Twitter」や「Facebook」「Instagram」「Spotify」といったサービスが、データ通信量を使用せずに利用できるサービスです。

対象
サービス
LINEモバイル
(LINE
データフリー)
LINEモバイル
(SNS
データフリー)
LINEモバイル
(SNS音楽
データフリー)
サービス一覧LINELINE Twitter FacebookLINE Twitter Facebook
LINE MUSIC AWA Spotify Instagram
オプション料金0円280円480円
基本料金(3GB)1,480円
オプション込料金1,480円1,760円1,960円

しかも、オプション料金込みでも1,960円のため、今回の2980円に変更の発表は、割高に感じます。

こういったサービスを利用している人にとっては、今回のリリースは、メリットともデメリットとも言えないのではないでしょうか?

 

ただ、LINEモバイルの一番の欠点だった「混雑時の回線速度」は改善されるでしょう。

その理由はSoftbankの回線をそのまま運用するからです。

LINEモバイルのメリットとデメリットは、以下の記事に書かれています。

今までのLINEモバイルのサービスはどうなるの?

LINEモバイルにて、今回のプレリリースを受けての発表がありますので、引用させていただきます。

「LINEモバイル」のサービス継続に関しまして
いつもLINEモバイルをご利用・ご検討いただき 誠にありがとうございます。

本日、ソフトバンク株式会社より、 LINEを利用した新しいプラン 「SoftBank on LINE」の発表がありましたが、

「LINEモバイル」をお使いの皆様は、 引き続き現在契約内容でご利用いただけます。

よろしくお願い申し上げます。

出典:LINEモバイル

ということですので、今までのLINEモバイルのプランは、同様に使用できるようです。

また、追記で以下の文言も追加されました。

格安SIM(MVNO)であるLINEモバイルをご利用中の皆様は、新ブランドがサービスを開始した後も、引き続き現在の契約内容でご利用いただけます。

また、LINEモバイルをご利用中の皆様を、お客様の同意なく新ブランドのプランに強制移行することはありません。

LINEモバイルをご検討中の方について

格安SIM(MVNO)であるLINEモバイルの新規申込の受付終了に関しては、ソフトバンク株式会社およびLINE株式会社で協議をしていく予定です。

詳細は別途決まり次第お知らせします。

出典:LINEモバイル

とのことです。

どうなるかはまだ分かりませんが、個人的な意見としては、LINEモバイルにはそのままサービス継続して欲しいと考えます。

特にLINEモバイルのユーザーさんは、現在「カウントフリー」が目玉で使用している方が多いと思います。

全てのカウントフリーサービスを付けても3GBなら1,960円で使用できるため、こちらのほうが節約できてお得だと言えます。

また「トリプルキャリア対応」の格安SIMは、それほど多くありませんし、Docomo回線やau回線といった、特に他の回線を利用している方は、不安になりますからね。

とはいえ、今まで通り使用できるとのことですので、安心してくださいね。

まとめ

今回、Softbankのプレリリースにあった「Softbank on LINE」について、詳しく掘り下げて説明していきました!

特にLINEモバイルの吸収合併後の「Softbank on LINE」については、かなり対抗したプランのように感じました。

それでは!

Softbank on LINEの特設サイト

↓【最後に宣伝】筆者が運営している格安SIMサイト↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました